ファッションブランドとトレンドの予測について

従業員の言動や製品の品質等もブランド力を構成する要素の一つ

ファッションブランドとトレンドの予測について ネット社会となり、ビジネスマンに限らず家庭では子供までが情報通信端末を所有して日常的に洪水のごとく流れてくるネット情報を目にする時代となっているので、我々が繰り返し流される情報を見ていると自然に脳裏に浸みこんでしまうのです。メーカーや販売側はここに着目してWEBサイト上に消費者の目に留まりやすい画像やデータを作成して企業名や製品名を覚えてもらうことに腐心し、ブランドイメージの浸透を図っているのです。

各種ネット調査によると大企業同士の類似品質の商品が同一価格で売られている場合、別段取り上げる理由がなくても消費者の選択するのは一方の商品に偏る傾向が顕著なのだそうですが、これこそブランド力の差と言われるもので、ネット社会となってから一層意識されるようになっています。特に、流行に流されやすいファッション企業では自社製品を消費者に他社製品以上に認知してもらうことの重要性が骨身に浸みこんでいるはずです。逆に言えば、消費者に悪い印象や誤解を与える出来事が生じると、些細な情報でも瞬く間に国内だけでなく世界中を駆け巡ってしまうのです。こうなると、ブランドに傷がついて企業の受ける損害が想像以上になってしまうことを知っているのです。このように考えると、たった一つのミスが企業の存続を左右することさえ起こり得るのですから、社長含めて従業員全員の言動や製品の品質等はWEBサイト上の表現同様、ブランド力を構成する要素の一つなのだと解釈されるのです。

Copyright (C)2022ファッションブランドとトレンドの予測について.All rights reserved.